おなか周りが膨らみすぎてズボンが履けなくなったことに悩んだ私が実践したダイエット方法

おなか周りが膨らみすぎてズボンが履けなくなって、新しいズボンをかうことになってショックだったから。また、ちょっと疲れやすくなって、あちこちでかけるのが億劫になったので、これではいけないと思い、よさげなダイエットを探すことにしました。
私が実践したダイエット方法は、炭水化物は食事開始から15分以上たってから食べるダイエットです。炭水化物は肥満の大きな要因なので、その吸収を緩やかにする目的のダイエットです。食事を初めてすぐ食べたものは、体への吸収が早いそうです。なので、少し時間をおいてから炭水化物(コメなど)を取るように心がけます。栄養士もこの食事法を推奨しているらしいです。
私が「炭水化物は食事開始から15分以上たってから食べるダイエット」を実践してどうだったかというと、まずダイエットにありがちなストレスからはフリーになれます。食べられない不満感によるストレスはないからです。始めに野菜類などから食べ始め、メイン料理へ進み、最後にご飯を食べるという、ゆっくりと食事をする食習慣が身につくので、健康管理にはよいのかなと思います。劇的に痩せたということはないですが……
「炭水化物は食事開始から15分以上たってから食べるダイエット」をおすすめしたい人は、早食いによる肥満になっていて、その食事スタイルをやめたいと思っている人です。早食いはどうしても満腹感が出るまでに時間がかかって、その結果食べ過ぎてしまいます。炭水化物は食事開始から15分後にしか食べない、というルールを守ることによって、自然とバランスの良い食事になっていけます。
おすすめしない人は、一気に痩せたいと考えている人です。このダイエットにはそういう効果はないです。
このダイエットで一番大事なのは、節制心です。食事開始から15分は炭水化物を食べてはいけないとなると、けっこうゆっくりと食事をしなくてはいけません。そこで我慢できずにごはん(炭水化物)を摂取してしまうと、このダイエットは失敗です。とにかく、テレビを見ながら、あるいはスマホを見ながらでもいいので、時間をかけて食事をすることを心掛けましょう。