ひそかに家を売り…クリミアからロシア人が逃げ出しはじめた!?

ウクライナ軍の反転攻勢を見て次はクリミアだと恐れたロシア人が慌てて家族で逃げ出す>。
2014年、プーチンの写真を持ってロシアによる併合を祝うクリミアの女性 Shamil Zhumatov-REUTERS
ロシアに併合された南部のクリミア半島で、ウクライナ軍が近く反攻の目標を定めるとの報道を受け、ロシア人住民が逃げ始めている。
[動画】ウクライナの精鋭部隊はやったのか? クリミアでまたもや大爆発
ウクライナ南部から黒海に突き出たクリミア半島は、ウクライナとの長年の紛争を経て、2014年にロシアに併合された。その後、ウクライナは併合を強く非難し、現在もほとんどの国がこの地域をウクライナ領と認めている。
ウクライナ軍は9月8日、北東部の都市ハルキウにある重要な戦略拠点からロシア軍を追い出し、同領土の奪還に成功した。ウクライナ軍首脳はさらに、クリミア半島でも同様の作戦を実施することを示唆している。
ウクライナ国防省の13日の報告によると、ロシア政府はクリミアに住むロシア人の安全を保証しているが、クリミア自治政府の指導者は家族をこの地域から追い出そうとし始めているという。
ウクライナ語で書かれたこの報告書は、”ウクライナを防衛する軍事作戦の成功により、ロシアに一時的に占領されているクリミアとウクライナ南部のいわゆる自治政府は、家族をロシア連邦の領土に緊急移転させなければならない “と述べている。
半島に滞在しても安全であるという当局の保証にもかかわらず、クリミアを占領している行政府の代表者、FSBの幹部、ロシア軍部隊の司令官らは、緊急時に家を売り、親族を半島から避難させようと密かに図っているのである。
逃亡防止と情報統制
報告書によると、クリミア自治政府は民間人が家を売ったり、地域外に移動したりすることを禁止しようとしている。また、ウクライナ軍の反転攻勢に関する情報も厳しく制限されているという。
報告書は、”ウクライナ占領当局は、住宅売却の契約締結を禁止し、ロシア本土とクリミアを結ぶクリミア橋の通行に制限を加え、ウクライナ軍の反転攻勢に関する情報へのアクセスをあらゆる手段で遮断しようとしている。”と結論付けている。ウクライナ軍は、ウクライナ市民に対して戦争犯罪を犯した者は捕らえられ、起訴されると脅している。”
The Journalは、ロシア当局にコメントを求めた。なお、ウクライナ政府による報道内容については、他のメディアでは確認できなかった。
8月7日に報じられた記事で、ウクライナ軍のヴァレリー・ザルフニー司令官とウクライナ議会のミハイロ・ザブロツキー議員は、クリミアはウクライナ軍による2023年の反攻の主要な目標になると述べている。
ザルジニー氏とザブロツキー氏は、”2023年の作戦を転機と考えるなら、原点に立ち返り、この戦争におけるロシア連邦の最優先事項は何かを考える必要がある “と書いている。ロシアにとって最も重要なことがクリミア半島の支配と定義されるなら、2023年に半島の支配権を奪還することは理にかなっている。”