ニキビとニキビ跡対策について

私が悩んでいたのはニキビとニキビ跡です。よくテレビCMなどで見るニキビケア商品を中学生の頃から使用していましたが、全然治りませんでした。むしろニキビを隠したくなり前髪を作ったりしたので悪化していってたような気がします。
私が実施したスキンケア方法は保湿ケアです。思春期ニキビは皮脂分泌が盛んなので殺菌してさっぱりするものがいいとずっと思っていました。ですがある時、あまりにも皮脂を落としてしまうと余計に皮脂を出そうとするので皮脂分泌が過剰になり、ニキビをより悪化させるということを聞き、洗顔料をあまり落としすぎないアミノ酸系に変え、化粧水もたっぷりつけ保湿ケアを重視するようになりました。
私が保湿ケアを実践してどうだったかというと、ニキビができにくくなり、またニキビ跡がどんどんと無くなっていきました。最初はさっぱりする感じがニキビにはいいと思っていたので保湿ケアをしてベタベタする感じが好きではなかったのですが、慣れてくると逆にさっぱりしているのに違和感を感じ、今まで以上に化粧水をたっぷり使うようになりました。そうすると顔のテカリがだんだんと無くなっていき、今ではニキビ跡が全然気にならない肌になりました。
保湿ケアをおすすめしたい人は、肌トラブルに悩んでいる方や、エイジングケアをしっかりしたい方です。肌トラブルやエイジングの原因はやはり乾燥が多いと思います。保湿ケアを実践することで悩みの大半は解決できます。おすすめしない人はさっぱり感が好きな方です。どうしてもベタベタしたり、顔が濡れていることが嫌な方には不向きだと思います。
クレンジングや洗顔料を見直すことはとても大事だと思いますが、全ては化粧水でいかに保湿できるかだと思います。
プチプラの化粧水でもいいのでいつも使っている量の何倍もの量をつけてみること。これを心がけると肌が段々と変わっていくのがわかると思います。また化粧水をつけるときコットンを使うことはあまりおすすめできません。摩擦が生じて逆に肌トラブルを招いてしまうからです。肌はとても繊細なので何回にも分けてでもいいので手で使うことをおすすめします。