中国ドラマ見てる人がハマる

大学が舞台でふわふわした「ロマンス方程式」というドラマなのです。内容は寮でイーシンがさあ読むから聞いてろと言ってスマホを取り出して大きな声でファンジョウに聞かせるのです。スター選手さん実用的なお礼としてご飯をおごるわと言われたのです。イーシンがファンジョウに3回同じ言葉を繰り返して聞いたかと言って恋愛のシグナルだろと大喜びなのです。愛だろこれが愛と言って本を取り上げて「恋愛心理学」を見てファンジョウになぜこんな本を読んでるのか聞いたのです。欲求がなさそうに見えて恋愛したいんだなと気づいたのです。否定するなよと言ったらファンジョウはイーシンにそうだと言ってイーシン本人がファンジョウに相手は誰だと聞いたらファンジョウ本人がイーシンにシャオだと告白するのです。イーシン本人がファンジョウにシャオと聞いて創立記念祭で告られた推理研究会長かと確認するのです。なぜ皆に好かれると納得しないのです。俺より人気だと落ち込むのです。ファンジョウにこんな本じゃなく俺から学べると話すのです。自信を持っていうのです。俺は食事に誘われた男なのです。女が食事をおごるのは2人の家を買う金をためさせるためなのです。本には書いてないと言ったらファンジョウ本人がイーシンに真顔でもうおごられたと話すのです。どいてくれと言ったらスマホを持ってハンガーにある服を持ってスター選手さん実用的なお礼としてご飯をおごるわとルンルン気分なのです。何を食べようかと言って興奮しすぎだと言って腕立て伏せをして発散するぞと言ってファンジョウと声を掛けて机に座り本を読み暗闇効果に目を通すのです。イーシンが本を読み光が不十分な場所でのデートは表情が見えないで気を許しますと聞いて納得するのです。ファンジョウは一人ノートパソコンで作業をしてるとイーチュンから電話がかかってきてファンジョウに実験室じゃないのと聞かれたのです。ファンジョウはイーチュンに何か用かと聞いたらファンジョウ本人がイーチュンに授業のことで相談があるのと伝えるのです。イーチュンがファンジョウにどこなのと聞いたらファンジョウ本人がイーチュンに推理研究会と答えるのです。イーチュンがファンジョウにあと行くわと言ったらファンジョウ本人がイーチュンに分かったと応じるのです。