九州で線状降水帯が発生!災害に対して備えは十分?

20日の大雨の影響で、地盤が緩んでいる所もありそうです。
九州は朝まで局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。
東北や北海道でも雷雨や激しい雨が降る見込みです。大雨による土砂災害や河川の増水、浸水などに警戒してください。
20日の九州は、前線や湿った空気の影響で、激しい雨雲に覆われる見込みです。
東北や北海道では、三陸沖を進む低気圧に向かって流れる暖かく湿った空気に伴う雲が広がり、雨が降っている。
午前5時までの1時間降水量は、鹿児島県薩摩川内市中郷で30.5ミリの激しい雨が降っています。
12時間降水量は、鹿児島空港で191.0ミリ、山形県真室川町で69.5ミリ、秋田県大仙市で69.5ミリなどとなっている。
降り続いた大雨の影響で、地盤が緩んでいる地域がある。
宮崎県の土砂災害警戒区域は、いつ人命に関わる土砂災害が発生してもおかしくない大変危険な場所です。
また、鹿児島県の土砂災害警戒区域は、土砂災害の危険性が高まっています。
岩手県では、大雨の強さが弱まり、さらに土砂災害が発生する恐れは減りましたが、依然として土砂災害の危険性が高い地域があります。
崖や川など土砂災害が発生しやすい場所の近くにお住まいの方は、自治体からの避難勧告などの情報に注意し、早めの避難をお願いします。
また、水位上昇や河川の氾濫にもご注意ください。
鹿児島県は今後、深刻な洪水(浸水被害)が発生する可能性が高い危険な状況です。
朝まで警戒を怠らないようにお願いします。
避難経路や避難場所の確認、ハザードマップや持ち出し袋の確認、停電への備えなど、災害に備えた早めの対策をお願いします。
近年、災害は数十年に一度と言われ、経験則があまり通用しないこともあり、早めの行動が重要です。
早めの避難は当然のことですが、避難勧告が出る前にやっておかなければならないことがたくさんあります。
防災グッズの準備・点検をする。
家電製品など重要なものは1階から2階へ移動させる。
これは、私が初めて避難を経験した時に実感したことです。
災害は起こってからでは遅いので、早めに対応することが大事ですね!
今日は以上です。