京都大学の動画配信が廃止の危機!時代に逆行した決定の背景に迫る!

京都大学がインターネット上で公開している講義動画の先行きが揺らいでいる。
京都大学は8月4日、動画の管理・運営を担ってきた高等教育研究開発推進センターを9月末までに廃止し、約6300本の講義・講演ビデオを配信してきたプラットフォーム(OCW)も閉鎖すると発表した。
しかし、研究者からの強い反発があり、6日後、同社は10月以降のOCWの運営方法について大学関係者と協議することを発表した。
事態はまだ流動的だが、学内からは「コンテンツの蓄積を失いたくない」という声も出ている。
同センターは、1994年に誕生した前身を引き継ぎ、2003年に設立された。
現在は、OCWのほか、学内外の講義や講演のオンライン公開を担当しています。
2005年にスタートしたOCWでは、ノーベル賞受賞者の山中伸弥氏の公開講座や、地球科学者の鎌田浩毅氏の最終講義を無料で閲覧することができます。
コンテンツの多くはYouTubeでも公開されており、京都大学OCWのチャンネル登録者数は約10万人となっています。
このサービス廃止の決定に対して、教員からは「予想外の決定にショックを受けた」とネット上で抗議の声が上がりました。
その後、京都大学は「当面は、現在公開されているコンテンツのみの運用で学内の関係者と協議している」との声明を発表した。
センター長の飯吉徹教授によると、廃止の決定は以前からあったが、配信などの運営をどう引き継ぐかは決まっていなかったという。
しかし、今年7月に突然、執行部から「OCWやMOOCなどのサービスは引き継がない」と通告され、明確な理由が示されないまま、センター廃止が決定されたのだという。
飯吉教授は、「京都大学が知識を社会に還元するために蓄積してきたコンテンツを放棄するのは理解しがたい。何らかの形で維持することはできないのか。
学外にも利用者が多いコンテンツの廃止について、京都大学広報課は「個々の研究プロジェクトの状況について具体的にお答えすることはできませんが、教育コンテンツやシステムについては、今後も時代のニーズに合わせて改善してまいります」とコメントしている。
京都大学の発表では、「時代に逆行する動きであり、誠に遺憾」としていますが、その理由は様々でしょう。オンライン講座(MOOC)は世界中の有名大学が提供しており、選択肢はありますが、日本語で学習できることは貴重です。
また、学生だけでなく社会人の学び直しのニーズも高まっており、企業や行政がDXを推進している。プラットフォームを提供するUdemyやCourseraは2021年にNASDAQに上場する予定であり、この勢いはまだまだ続きそうです。
地方や海外からのオンラインアクセスが何とか見直され、格差是正と日本語圏の拡大が図られることを期待したい。