帰って寝るだけの人生では幸福になれない話。

・帰ったらすぐに寝る人がいます。
・そんな帰って寝るだけの人生を送る人は総じて幸福にはなれません。

なぜなら、己の時間を持つことが困難だから。
例えば、以下の理由から幸福にはなれないことが分かります。

【理由1】家族との時間が取れなくなるから
【理由2】メリハリを失いモチベーションも下がるから
【理由3】人生の目的を見失いやすくなるから

参考:帰って寝るだけの人生では幸せになれない理由【現状から抜け出す方法も解説】

特に家族との時間が持てないのは致命的。
実際、コミュニケーションが減ると家族の離婚率は高まることが報告されています。

さらに生活のメリハリもなくなってモチベーションは下がります。
モチベーションが下がれば、仕事へのやりがいや目的も見失うため、生活の質も下がります。

結果、幸福度は下がり、何のために仕事をしているのか?
自問自答を繰り返し、最終的にはうつなどの精神疾患を患う恐れがあります。

決して、帰って寝るだけの人生だけは送らないのが賢明です。